わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が

大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が

大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品を買い取るサービスを行ってくれる引っ越し業者が出てきて、ずいぶん好評のようです。大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、テーブルや応接セット、あるいはベッド等々、引っ越しによって出てくる不用品は、いろいろあります。

このように数と種類が多いなら、業者を使うと便利です。

そういった業者は、専門の買取業者顔負けの査定をしてくれることもありますし、様々な種類の品物を受け付けてくれますから、それだけでも大変便利なのです。


数年前になりますが、新居が完成して引っ越ししたときに、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよういろいろな手立てを考えました。

なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。

業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。

業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。


引っ越し会社の用意するプランは色々あります。



梱包から運搬、開梱まで全てを業者に任せることもできますが、これを選ぶと、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。

運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、お一人用のサービスが、各引っ越し業者から提供されていて、おすすめです。こうするだけでも、引っ越しのコストを大幅に削れることになりますので、得した分は、新居で始める生活に割り当てるようにしましょう。引っ越して住所が変更となったら、なるべく早く、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きを行ないます。資格喪失手続きは旧住所の方で行えますし、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。印鑑、国民健康保険証と、それから本人確認書類を何か用意して届け出に行きましょう。


同市、同町内での引っ越しである場合でも、提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。
国民年金の加入者が引っ越しをすると、年金手帳に記載されている住所を、新しいものに変更する事務手続きを行なうことになるでしょう。

手続きの期限は引っ越し後14日以内ですからなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。


国民年金手帳と印鑑があれば手続き可能です。やむを得ない理由で、本人が顔を出せないなら、記入漏れのない委任状が出せれば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。引っ越しにおける挨拶をした方が良いのかしない方が良いのか悩んでいるという話も耳にしますが、やはり転居元と転居先の隣近所に向けて挨拶しておいた方が新しい土地でうまくやっていくコツだと言えます。


挨拶をしておかないと関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。今後のコミュニケーションを円滑にするためにも、隣人になる相手には、可能な限りきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。それは荷造り用品とか梱包材といわれるものです。
どこにいても買うことはできますが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでに契約特典扱いで、このような消耗品を提供するサービスもあります。
契約が成立すれば無料なのに単なるお金の無駄にならないようにまずは見積もり依頼の時に確認するのを忘れないでください。この間の引っ越しでは、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、運べるものはできるだけ自分たちでやりました。



先に荷物を全部移動させ、転入届を市役所で出してきました。
いろいろなハプニングもありましたが、何人もの方が協力してくださり、嬉しい誤算でした。その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。

一人の引っ越しでは、ベッドか布団かは悩むところです。新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあると相当狭くなります。

さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、新居の玄関からベッドを入れられないといった問題も起こるものです。そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活を決断するのも家の中がすっきりしていいかもしれません。時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によって引っ越し料金も変わります。

引っ越しの費用を抑えるためにも、何より先に、必要経費の大体の目安を付けるために一般的な相場を知る必要があるのです。


こうして、凡その相場が分かったら複数の引っ越し業者の見積もりを比較検討し、相場の価格より安くかったり、サービスが充実した業者に頼むのが充実した引っ越しになるポイントです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.