わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 快適で安全な住環境を構成しているのは家や部

快適で安全な住環境を構成しているのは家や部

快適で安全な住環境を構成しているのは家や部屋の中だけではありません。



ご近所との関係があればこそ、住環境が成り立つのです。
良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日中に終わらせましょう。おみやげを用意した上で訪ねることが大事です。挨拶は要点だけ伝われば良いので、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。

どんな人間関係も、第一印象で決まります。先日引っ越したのは良いのですが、準備で本当に疲れてしまいました。転居前はマンション暮らしだったこともあって引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。
けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。小さめの荷物で、自分で運べるものは引っ越しの前日までに台車を借りて荷物を載せ、なんとか移動できました。

台車がこんなに使えるとは思いませんでした。職場が変わったのでその近くに住みたい、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。



これを機会に、長いこと使っていないものやいらない服などを一気に処分し、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。

しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。


一日のうち何時間かは必ず使うものですから引っ越しを機会に新しくすることもあまりないようです。


これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?たとえば、荷造りをしているときです。普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手のケガはよく見られます。


それから、大小さまざまな荷物を運ぶので荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。軍手の選び方を間違えると却って危険で、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を準備することが大事です。手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。


荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで緊張するのは割れ物の対応です。
新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。

まずは上手な包み方を心がけてください。葉酸サプリおすすめ
ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。

新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとクッションとしての役割がより高まります。持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分だけを先に包んでしまいましょう。段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。



日常的に使うものをのぞき、ものの種類で分けながら梱包するのが普通です。中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと荷解きの順番を考えられます。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。抜け落ちないように気をつけてください。新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるならもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。ペーパードライバーの方などは、何年か後にくる次の更新時までは特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。

でも、運転免許証というのは、運転時の携行以外にも使用することは多いです。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。

それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。


そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。

様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。中でも大事なものは自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。
免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが免許証がよく本人確認書類として機能しているため、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。でも、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。警察署で手続きができる書類ですから、免許証と一緒に手続きをしておけば何度も足を運ばずに済みますよ。

就職で都会に出てきて一人きりの賃貸生活をすることになった時は、新居に運び込む荷物が、少ししかなかったため、あれこれ検討しましたが、ヤマト運輸の宅急便で引っ越すことに決めました。ダンボールに詰めてみたら、10個にもならなかった程の荷物量だったので、トラック借りて運送したりするより、もっと全然安い値段で引っ越せました。
ある種の生活必需品、たとえば布団とかは向こうで新品を買うつもりでしたので荷物を最低限以下にできて、こんな引っ越しもできました。

荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器は数も多く、とても面倒です。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運搬中に破損する危険性が高まります。。
近頃、薄いガラスの食器が人気を集めています。そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば破損の心配はぐっと軽減されます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.