わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を

冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を

冷蔵庫のような、大きくて重量のある家電を運んでいるのを見ていると、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったという事態になったら困りますので、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。


転勤族なので引っ越しは何度も経験していますが、作業は私も一緒になってやっており、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。
万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、何もかも自分でやろうとがんばるのではなく丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。
私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。

進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、毎回苦労するのが荷作りです。そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが問題なく荷物を運べるのです。
スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。

頑丈な荷物を作るためにどうしても必要ですから、使うことを強くすすめます。なんらかのサービスをしてもらった時にいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は意外と多いです。引っ越しという大仕事を、無事に済ませてくれたスタッフさん達に感謝と労りの気持ちで、幾らか包んだり、さらに飲み物や軽い食べ物、お菓子などを準備する人もいます。

言うまでもなく、こうしたことをする必要は全くありませんが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしても正直なところありがたい、と思うそうです。



引っ越しをお考えの方にとって一番気掛かりなのは、やはりお金でしょう。

ですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、引っ越しの費用が異なってきます。多くの引っ越し業者がありますから、その中でも自分にとってベストな業者を見付けたいですよね。

他より多少費用が高い業者でも、引っ越しの時の不用品を回収してくれるサービスを行っている所もあるようです。
ですから、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、付随するサービスを確認した上で比較検討するのが良いのではないでしょうか。単身者が引っ越す場合、通常の引っ越しパックを利用するよりも単身者専用のサービスを探してみると費用の軽減ができます。


こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く運べる荷物は多くないというイメージを持つでしょうが、結構多くの荷物が収まるものです。

コンテナに荷物が入りきれないならば、同じ業者の宅配サービスを利用してください。

引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても大切ですよね。

贈答品にも気を遣ったほうが良いのですが、のしのマナーが困りますね。
かしこまりすぎても逆に不自然ですから、外のしを選ぶようにしましょう。表書きにはご挨拶、のし下には自分の苗字を記載すれば良いでしょう。
同じ町内など、引っ越し先が近い場合は引っ越し業者を利用しなくても、なんとかなります。

方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物を新居に運ぶようにします。
時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。自家用車で難しい大型のものは、最後に一日、トラックを借りるようにします。



これで効率よく運び込んでしまいます。

こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出をだいぶ節約することができます。私たち一家の引っ越しの時は当時1歳になる子供がいました。



こんな幼い子供でも環境の変化はわかるもので戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。引っ越したときに、子供のものについても片端から仕分けて捨てることになりました。

仕分け作業のときに母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、なんだか懐かしく思いました。引っ越しの時には、何かとやることが多いのですが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道を開通させることはかなり大事です。
水はいつ頃使えるようになっていると丁度いいかとなると、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避け少し余裕を見つつ、引っ越し当日の一週間程前に使えるようにしておくことができれば、安心です。他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。
大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、使わないものをまず梱包します。日用品は取り除けておき、それ以外をざっと分類して順次ダンボールに詰めましょう。
何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと片付ける手がかりになります。
ライフライン関係も、転居の手続きがあります。

日程を考え、計画的に取りかかりましょう。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.