わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。

冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて水滴貯めパレットにじわじわと貯まった水を捨てておくとあとは運ぶだけです。

ですから、庫内のものは前日までに食べきれるようにして、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。

最近引っ越したのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。マンションの高い階に住んでいたため引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、業者さんに頼まなかったものは何日も前から時間をとって、台車を借りて運び出し、転居先に運びました。

台車の力は侮れません。荷造りはいろいろ手がかかるものですが、特に食器を梱包するのは大変でしょう。
その多くを占める割れ物は、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。
最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。


薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、何重にも注意をして荷造りしておくと相当気持ちは楽になります。

段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、使わないものをまず梱包します。日用品は取り除けておき、それ以外を大まかな種類で分け、梱包するのが普通です。
ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで片付ける手がかりになります。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。

もれがないよう早めに進めてください。自分は単身世帯の引っ越しだったので、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、あとのものは自分たちで運びました。

そうした荷物の移動を終えた後で、住民票の移動も済ませました。



いろいろなハプニングもありましたが、思いがけない人が協力してくれるもので、感謝の一言です。
どうにか当日中にご近所に挨拶して、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。

現在の家に一家で引っ越したとき、子供はちょうど1歳でした。

1歳児とはいえ環境の変化はわかるものでちょっと戸惑っているのがわかりました。

子供のものも知らぬ間に増えていたのでおもちゃや衣類など仕分けることにしました。そんな作業の合間に母子手帳を見つけて読み返してみました。ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。

引っ越しの時は引っ越し前と後の近所の人に挨拶しておいた方が今後の生活にプラスに働くと思います。

実際問題、挨拶を欠かしたために隣近所から浮いてしまったりギクシャクすることが多いのが、その理由です。

生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人たちには、出来るだけ挨拶をしておいた方が良いと言えます。今の住まいについては満足していますが、ここをどうやって見つけたかというと、近所にあった不動産屋さんのお店に直接行って、部屋探しをしました。

そこで担当してくれた人が色々質問しても穏やかに親切に説明をしてくれたりしたので信用し、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。そことは別の不動産屋さんも行ってみる気はあったのですが、他の違う店での物件情報も、紹介できると担当の方が仰るので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越すのであれば、少しでも部屋の掃除をしてから、出ていった方が良いです。

何か効果があると言いきったりすることはできないものの、管理人の印象は格段に良くなりますから、この後の敷金の返還時に良い影響があるかもしれません。



お掃除をしておくにあたって、もしも落ちないシミや汚れがあるとか自分で直せないような破損のことは、放置がベターです。あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。世間的にも、引っ越し先の挨拶回りはお互いが気持ちよく生活するためにも欠かすことが出来ません。さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のしをどうすればいいのかで戸惑う方もいると思います。引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、外のしを選ぶようにしましょう。表書きにはご挨拶、のし下には自分の苗字を記名しておけば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.