わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => どんな世帯の引っ越しにも、欠かせ

どんな世帯の引っ越しにも、欠かせ

どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。
いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。



簡単に入手できるものばかりですが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までにおまけとして、梱包用グッズを提供するサービスもあります。契約の時にたくさんもらえたのに単なるお金の無駄にならないように業者に見積もりを頼む時にはしっかり調べておきたいものです。賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。
大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋のチェックを隅々まで行います。



無事にこれが済みましたら晴れて退去、となるのです。全てに当てはまるわけではありませんが、払うべき公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。

これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、まずはダンボールです。

新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。
大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと使い勝手が良いでしょう。



かなり大量に使用することになりますから、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。入手先としては、スーパーなどのお店で使用済みをもらったり、ホームセンターで購入したりできるものの、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが作業効率の点から見ても良いようです。

軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。荷造りでは手が汚れるだけでなく、普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手を傷つけることも珍しくありません。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めの危険性を考えないといけません。
軍手なら何でも良いわけでなく、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手でなくてはなりません。それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。私の引っ越しでは、新築の家だったのでガスコンロも新しくなったのですが、家具が備え付けられた住宅の場合には、元々のガスコンロで間に合うこともあります。引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、買い換えの計画があれば使いたいコンロが使用可能か、注意してください。引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのがエアコンの設置や取り外しの工事代だと言われています。

取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、エアコン取り付け一台につき一万円と少し、といったところだそうです。ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているなら概ね安く済むはずですけれど、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなど費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。

ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の車も住所変更の届を出さなくてはなりません。

そのときナンバープレートも変更になるかとちょっと気がかりな問題です。


引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバープレートはそのままで良いのですが、管轄が異なる地域であれば、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。
子供が生まれる前、夫婦二人暮らしの時でしたが近郊にマンションを購入しまして、引っ越しが決まりました。さて、引っ越しの日、作業は進んでいきましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、結局、そのまま運んでもらいましたら、大した値段ではなかったのですが、少々腑に落ちない追加料金を支払いました。
こうしたお金のことは、見積もりの出た段階にでもどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。
学校を卒業した直後、友達と二人で部屋を借りて共同生活していました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く一緒に住む友達は猫を連れていたので物件探しの際、その条件を最優先しました。不動産屋さんも何軒か回ってようやっとペット可の物件を見つけました。


すぐに入居でき、猫のためにも本当に良かったです。あらかじめ引っ越しの費用がいくら掛かるのか、把握しているつもりでも思わぬ出費もあったりして、意外とかかることが多いようです。


できるだけ費用を抑えたいなら、業者選びもよく考えて検討した方が良いでしょう。料金は、例え距離と荷物の数が同じであったとしても業者ごとに料金が異なる場合が珍しくありません。

無駄な費用をかけたくない、という人にご紹介したいのが、引越料金の一括見積もりができるサービスサイトです。
利用方法は簡単です。



サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますと一度に複数の業者から見積もりを取れますから、重宝します。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.