わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => この間、引っ越しの前に業者さんか

この間、引っ越しの前に業者さんか

この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、えっと思うようなことがありました。

液晶テレビの運搬に限って特別な保険が必要だと言われたのです。

わが家には40型の液晶テレビがありましたが、買ったときに30万円以上した場合、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。


どうしようもないので、1500円くらい払って保険をかけました。



この対応はどこでも同じなのか他の方のお話を聞きたいです。この度、住宅ローンを組んで家を買うことにした訳ですが、その契約のため印鑑登録された実印が必要、ということを知らずにいたので、少々驚きました。以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、この状態、つまり別の市から転居してくる場合ですと、転居先の市で役所に赴きまた登録をしておかなければならないのです。



なので、急に登録に行かないといけなかったですから当時は結構うろたえました。

待ちに待った年金生活ですが、今までとは全く違う生活になります。
ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。
いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は家賃を払い続けられるかが問題になってきます。
もっと負担の少ないところに引っ越すのも今はごく当たり前の話です。住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、自動車などの運転免許証を住所変更することです。


いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので住所変更の申請も、早めに済ませましょう。引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を出した上で、届に記入すれば記載事項変更は終わりです。
業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、業者から見積もりをとり、こちらが納得いく結果を得られたところで今後の作業を正式に依頼します。
どこまで荷造りを依頼するかは主に費用面の問題になりますがご自身で荷造りすることになれば梱包材は業者が用意しているので、それを使って準備を進めておきます。いよいよ引っ越すときには、作業については全面的に業者に任せるのが普通です。

なんらかのサービスをしてもらった時にチップを渡す習慣は、日本にはまったくありませんが、しかしながら、引っ越しの時には、そうしたお金を渡す人がかなり大勢います。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝をこめていくらか手渡したり、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業をする方からすると、もらえるのはやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。
引っ越しは居住地の移動であり、様々な形で届を出して、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。


固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。最寄りのNTTに連絡して、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておいてください。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、同じ電話番号を使うことができます。

自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。

正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、それはちょっとできない、という場合は電話でおおよその荷物の量を説明すると最適なプランを教えてくれます。

あの業者ではいくらだったと伝えると安くしてくれる業者もいるためできれば複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。


誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。

私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、家具付きアパートなどでは、元々のガスコンロで間に合うこともあります。
プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新規購入を考えている場合は転居先のガスの種類を確かめてください。

近頃では、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引っ越しが終わったら、家族や引っ越しに関わった人たちと当たり前のようにソバを食べる、ということを昔からしてきました。どういった由来があるのかというと、ソバの形から「細く長く」お付き合いをという願いを込めたのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いしますとダジャレも仕込んで新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.