わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 転職や転勤で職場が変わり、近くに住んだ方が良いと

転職や転勤で職場が変わり、近くに住んだ方が良いと

転職や転勤で職場が変わり、近くに住んだ方が良いとか、家族が増えたり減ったりして、今の住まいでは合わないといったことがあって今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。その際、不要になったものや着なくなった服など思い切って処分して、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。


それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、同じ布団を使い続ける世帯がほとんどのようです。一日のうち何時間かは必ず使うものですから引っ越しが手放す機会にならないと思われます。


国民年金の加入者が転居しますと、年金手帳の住所変更の手続きをすることになっております。引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場で手続きを済ませましょう。必要になる、国民年金手帳と印鑑は、忘れないようにします。本人が行けないということであれば、形式に則った委任状が提出できるなら配偶者などを代理人として、手続きすることができます。いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。自分の場合は新築に引っ越したので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、引っ越し先が新築でなければ元々のガスコンロで間に合うこともあります。


プロパンと都市ガスなど、ガスの種類が変わるとガスコンロを使用できないこともあります。引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、新規購入を考えている場合は使いたいコンロが使用可能か、注意してください。

賃貸契約で住んでいたところから引っ越しする際、ある程度きれいに掃除を済ませてから、退去しましょう。



具体的に何か、良い効果があるなどと言うことはできませんけれど、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。


これが敷金返還について良い影響があるかもしれません。
ところで、お掃除をするなら、落とすのが難しい汚れだったり大きめの破損については、諦めた方が良さそうです。頑張って擦り落とそうなどとやると、余計に傷口を広げることの方が多いです。大抵の引っ越しにおいて、意外と費用がかかってしまうが工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。
素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。
ですから、取り付け費用も、一台について約一万円ほどかかるようです。

ただ、引っ越しと同時にエアコンの取り付けまでしてくれる契約をしているのであればそんなに高額になることはなさそうです。

しかし、エアコンの設置について何も考えていなかった場合は、専門の業者に取り付け工事をしてもらうか、新しい物を購入して、店の人に取付工事と古い物の引き取りを頼むかよく検討しましょう。

ただ言えることは、古いクーラーだったら買い替えた方が、電気代は得するようです。



転居先がごく近所であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを何度も時間をかけて新居に運び入れます。何回も、時間を使って少量ずつ運べば自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。
このレンタルトラックで何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。この方法を実行できれば、費用はだいぶ節約することができます。数年前、新築の家を建ててマンションから引っ越しました。

何といっても、デスクトップパソコンの移動に全力を尽くしました。



なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないようたくさんのクッション材を使って梱包しました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、データもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。


コートやスーツなど、普段ハンガーにかけて収納してあるような衣類を荷造りする場合は大抵の引っ越し業者からレンタルすることができる運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって梱包作業が大変スムーズになるでしょう。
普通のダンボールを使うと一着ずつ衣類を重ねて梱包することになるのですが引っ越し用の衣装ケースを利用できると衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。

引っ越し先に移動し終えたら衣装ケースの中身をダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。梱包をはじめとして、業者に全てお任せのコースを利用しているなら、荷物がびしょ濡れになってしまうなどの心配は不要ですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで荷物の到着が遅れたりする等のトラブルは考えられます。スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、特に荷物の防水には気を使いましょう。雨が急に降り出すことも多いですし天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、自動車にも住所変更手続きが必要になります。
そのときナンバープレートも変更になるかと気がかりだと思います。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバープレートの変更はありません。



管轄する陸運局が変わればナンバープレートも変更しなくてはなりません。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.