わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 自分の引っ越しでは、大きい家具だけ業者に運ん

自分の引っ越しでは、大きい家具だけ業者に運ん

自分の引っ越しでは、大きい家具だけ業者に運んでもらい、あとのものは自分たちで運びました。荷物の移動が一段落したところで、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。あちこちで思いがけないことがあっても、思いがけない人が協力してくれるもので、嬉しい誤算でした。どうにか当日中にご近所に挨拶して、一つ一つ荷物を開けはじめ、後片付けに取りかかりました。

私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前にこのアパートへの引っ越しを決めました。初めは3年くらいのつもりで実家に戻るつもりだったので、住民票は動かしませんでした。



けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞める気がどんどんなくなっていき、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。大手の引っ越し業者の一つであり、全国レベルの実績を上げているのが印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。全国規模で170社以上の支店を展開しており、自社の保有車だけで3500台以上あるので、多様なニーズに応えられる引っ越しを期待できます。サービスを細分化しているだけでなくスタッフ全員がきちんと仕事をするという評判を維持しており、その意味でも、安心して依頼できます。引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらい引っ越し事業が広く知られるようになっています。



一般家庭の引っ越しを扱う業者は、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるイメージを持っていたのではないでしょうか。

あちこちの運送会社は、近頃、家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。
日通のように、運送会社の中でも有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。
引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。どういうことかというと、降雨が激しくなると荷物の防水も徹底しなければいけなくなる等、作業が増えてしまいます。梱包作業を業者に一任しているのであれば、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、雨天時の道路事情により引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。
梱包、開梱を自身で行うなら、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。
特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから念のための備えはしておいた方が良いですね。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、慎重になるのはガラスや陶器の取り扱いでしょう。

その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。

まずは上手な包み方を心がけてください。


包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとクッションとしての役割がより高まります。また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、強度を増すために、飛び出たところを先に包んだ方が良いのです。洗濯機ですが、うちではドラム式のものを使っています。
少し前に転勤により、引っ越しをしました。
引っ越しの日、荷物を開梱していくと、濡れたダンボールを見つけたのですぐに業者に電話をしました。


その原因は、洗濯機のホースに残っていた水で、何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。その状態のままで運んできたようです。他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。


でも今度からはぜひ気を付けたいです。



今まで、何度か引っ越しの経験があります。ガスは事前に止めることもできますが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。
引っ越し直前というのは、体力の消耗もかなりのものですから、引っ越しする前日の夜に最後のお風呂に入り、疲れを癒やすのが楽しみでした。
また、当日寒くても温かいものが飲めると、一息つけるからです。



様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。特に重要なものとしては自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。
免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としてよく使われているということもあって、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。


でも、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。
車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、車庫証明も免許証と同時に手続きをしておきますと少しは楽でしょう。
荷物の数や移動距離の違いで引っ越し料金も変わります。
引っ越しの費用を抑えるためにも、まずは色々と情報を集めて目安として相場を分かっておくことが望ましいです。
これを分かった上で、見積もりをとって業者を比較し、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのがおススメです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.