わたし、引っ越しました

マカロン
ナポレオン
HOME => 自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引

自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引

自分の所有物件ではなく、賃貸住宅から引っ越すのであれば、原状回復が義務になっていますが、しかし入居中に経年劣化することも確かです。
入居中に破壊してしまった部分は修理費用は入居者持ちとなる可能性が非常に大きくなりますが、日焼けなど、避けられない変化は修理費用を出す必要はないとされます。いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが退去時に請求される費用を減らすことにつながります。


引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。


引っ越しにかかる負担をいかに軽減するかですが、はじめに、時間に余裕を持たせた計画を作りましょう。

この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。計画通りテキパキと進めていければ問題ありませんが、引っ越しにおける失敗の多くは、複雑な手続きに追われて、家の中の作業が手付かずになってしまうことなのです。



ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、ある程度の計画のズレであっても、問題なく引っ越しの準備に取り掛かることが出来ますよね。


近年においては、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった習慣が、一昔前からありました。


元々は、ソバの形状に掛けて細く長くお付き合いを致しましょうという願いを込めたのと、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしくなどとダシャレも込めつつご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。あらゆる引っ越しには大小さまざまな問題が伴ってきます。


IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。

私は引っ越し先が新築だったので備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、引っ越し先が新築でなければ引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。



引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを引っ越し先でも使う場合や、新しいものを買おうと考えているなら使える器具を調べておくことが必要です。



退職して年金をもらうようになると、生活が大きく変わることは避けられません。ここで、住む環境を変えてみるのはいかがでしょうか。
退職前にマンションにお住まいか、持ち家にお住まいか、いずれにしても退職して年金生活になれば、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。

まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたらおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。

これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも十分検討の余地があります。


子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時にマンションを購入することができ、引っ越すことにしました。引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、分解はやめて、形のまま運んでもらいました。すると、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金を請求されてしまいました。見積もりを出してもらった段階で追加料金がどんな時に発生するか確認するのは、大事だと思いました。大きな家電や家具などを、引っ越しスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、つい、落としてしまったりしないか、などと注目してしまいます。

うっかりぶつけて壊してしまった、なんていった風になってしまうとガッカリしますから、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。転勤族なので引っ越しは何度も経験していますが、作業は私も一緒になってやっており、これまでのところ、荷物をぞんざいに扱われた経験はありません。とはいえ、引っ越し時には荷物の破損があった場合、補償する仕組みもあり、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず業者を利用した方が、結局損はしないような気がしています。引っ越し作業が効率良くいくかどうかは、天候に左右される面が多分にあり、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。

業者に荷造りを全部任せているのなら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、道路事情が降雨により悪化して引っ越し先にトラックの到着が遅れることはよくあります。

スタッフの手を借りずに、自分で荷物を梱包をするなら、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。


特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから対策は立てておいた方が良いでしょう。



うちの洗濯機はドラム式で、少し前のことですが、転勤による引っ越しをしています。新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き利用した引っ越し業者に電話しました。
水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていて運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。ダンボールが破れたりしたわけではなく、害は無かったようなものでしたけど、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないと次回からは気を付けたいです。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。


正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、来てもらう時間を取れない場合は電話でおおよその荷物の量を説明すると最適なプランを教えてくれます。


あの業者ではいくらだったと伝えると他より安い値段で引き受けてくれることもありますから損をしたくなければ、複数の引っ越し業者から見積もりをとることをおすすめします。


関連記事

道
Copyright (C) 2014 わたし、引っ越しました All Rights Reserved.